接客マナー

ホーム > マナー事典 > 接客マナー > 接客の基本 > ミシュランガイドを参考にしたサービス評価

接客の基本

ミシュランガイドを参考にしたサービス評価

三つ星レストランなどレストランの評価として世界的に有名なミシュランガイドを皆さんは良くご存じでしょう。

 

ミシュランガイドの評価はどの国でも共通で、よく言われている星の数の意味するところは次のようになっています。


一つ星:そのカテゴリーで特に美味しい料理

二つ星:遠回りしてでも訪れる価値がある素晴らしい料理

三つ星:そのために旅行する価値がある卓越した料理

 

このミシュランの星の評価は“料理”を対象としたものですが、その判定基準は次のように分けられます。

◆素材の質

◆調理技術の高さと味付けの完成度

◆独創性

◆コストパフォーマンス

◆常に安定した料理全体の一貫性

 

この基準はミシュランガイドが料理に対して設けたものなのですが、同じ様な事がホテルや旅館、一般のお店、さらに企業などにも言えると思います。

 

『素材の質』というのはそのお店や企業が持っている施設・設備の問題や周辺の環境、商品の特徴などが当てはまるでしょう。

 

お客様やクライアントが満足できるような環境を整えているかという事が大切になります。

 

『調理技術の高さと味付けの完成度』は味付けだけではなく、料理ができたての温かさのままで運ばれてくるかという事なども含まれます。

 

これは、サービスの迅速さやサービスの質の高さ完成度というだけではなく、お客様の要望に基づいたサービスが提供できているのかという事につながると思います。

 

『独創性』については他のお店や企業にはない特徴があるのかという事になり、これはもちろんサービスの質や内容にも関係してきます。

 

『コストパフォーマンス』はそのままの意味となりますが、お客様側にとって商品やサービスなどにかけた費用以上の満足感が得られ、また利用したいという気持ちになったのかという事になるのです。

 

『常に安定した料理全体の一貫性』は、いつ利用しても、どの担当者であっても一定のレベルの高いサービスが受けられ、またどのお客様に対しても同じように接することができているのかということに置き換えられます。

 

もちろんお店や企業の評価がこれだけではないでしょうが、世界で認められているミシュランの評価基準を参考にしてサービスを見直してみるのも有効な方法ではないでしょうか。

 

日本サービスマナー協会

理事長 沢野 弘


NPO法人 日本サービスマナー協会資料請求・お問い合わせお申し込みお電話でのお問い合わせは…大阪:06-6809-4141 東京:03-5577-6521

マナー事典

資料請求・お問い合わせお申し込み
セミナー・講座一覧
経営者の皆さまへ助成金の重要なお知らせ助成金活用社員研修のご案内日本サービスマナー協会をフォローする社員研修担当者のための講座ワンポイントマナーレッスンマナーインフォメーションマナーの日敬語力検定四字熟語検定略語検定学割制度総合社員研修プログラム接客サービスマナー検定接客サービスマナー・ベーシックマニュアル知って得する四字熟語接客サービスマナー検定・過去問題集同時購入接客サービスマナー検定・過去問題集5接客サービスマナー検定・過去問題集4接客サービスマナー検定過去問題集・模範解答と解説接客サービスマナー検定過去問題集・模範解答と解説
マナー講師養成講座マナー講師養成講座 in 東京マナー講師養成講座 in 大阪マナー講師養成講座 in 名古屋マナー講師養成講座 in 福岡
ホテル宿泊の達人によるホテルコンサルティング研修就職に有利な資格

サイトマップ

ビジネスマナー

オフィスのルール

クレーム電話応対

ビジネスの基本

ビジネス文書

メールビジネス文書

敬語の使い方

訪問・来客時のマナー

電話応対

接客マナー

クレーム応対

接客の基本

慶弔のマナー

お悔やみ事のマナー

お祝い事のマナー

お通夜・告別式のマナー

慶弔マナーの基本

結婚式のマナー

テーブルマナー

中国料理のマナー

日本料理のマナー

西欧料理のマナー

食事のマナー

手紙のマナー

手紙の書き方

挨拶状のマナー

時候の挨拶 

贈答のマナー

お祝いごとのマナー

お見舞い

内祝い

表書きの書き方

訪問のマナー

事前の準備

訪問当日のマナー

超現代マナー

ビジネス

一般マナー

世界各国のマナー

アジア

オセアニア

ヨーロッパ

北米