ビジネスマナー

ホーム > マナー事典 > ビジネスマナー > ビジネス文書 > 好印象なエントリーシート書き方

ビジネス文書

好印象なエントリーシート書き方

エントリーシートは企業が初めて「あなた」を知る書類です。

つまり、あなたの第一印象をエントリーシートから感じ取っています。

では、良い印象を与えるエントリーシートはどのようなものでしょうか。

 

<記入上の注意>

①提出期限は厳守

期限を過ぎての提出は、決められたことを守れないというマイナスの印象になります。

また、ぎりぎりの提出ではなく、余裕をもって提出すると良い印象になります。

さらに、受付開始日に提出すると、志望度合いが高いと判断されることもありとても好印象です。

 

②記入する筆記用具は黒のボールペンか万年筆を使用する

鉛筆やシャープペンシル、消せるペンは使用しません。

仕事でも大切な書類はボールペンで記入します。

間違えないよう注意して記入しましょう。

 

③丁寧に書く

手書きのものを提出する場合は、丁寧にここを込めて書きましょう。

字のうまい下手ではなく、丁寧に書いているかが重要です。

 

④結論から書く

限られたスペースに伝えたい内容を納めなければなりません。

結論から書き始め、要点をまとめて具体的に書きます。

人事担当者の方は何十人何百人という数のエントリーシートを読まなければなりません。

分かりやすくそして読みやすい工夫がされていると、とてもいい印象を受けます。

 

④修正液は使用しない

エントリーシートは、その企業の採用試験にエントリーするという意思表示であり正式な書類です。

間違えてしまった場合は、書き直すのが基本です。

あらかじめ数枚フォーマットをコピーしておくと、下書きや書き直しができるので便利です。

なぜ修正液を使用してはいけないのかというと、だれが修正したのかが分からないからです。

極端な話、修正液さえあれば誰でも勝手に修正できてしまいます。

ですから、重要な種類に修正液は使わないというのがビジネスマナーです。

しかし、予備のエントリーシートがなくどうしても書き直すことができない場合は、

訂正したい所に二重線を引きその上に印を押します。そして二重線の近くに正しい文字を書きます。

こうすることで誰が修正したかがはっきりわかるので、他の人が勝手に修正することもできません。

 

エントリーシートは自分の分身として、先に企業に送るものです。

丁寧に分かりやすく、読み手のことを考えたエントリーシートを作成したいものですね。

 

 

日本サービスマナー協会では、ビジネスシーンでのお困りごとや疑問を、

ビジネスマナー研修で解決いたします。


NPO法人 日本サービスマナー協会資料請求・お問い合わせお申し込みお電話でのお問い合わせは…大阪:06-6809-4141 東京:03-5577-6521

マナー事典

資料請求・お問い合わせお申し込み
セミナー・講座一覧
接客サービスマナー検定取得講座経営者の皆さまへ助成金の重要なお知らせ助成金活用社員研修のご案内日本サービスマナー協会をフォローする社員研修担当者のための講座ワンポイントマナーレッスンマナーインフォメーションマナーの日敬語力検定四字熟語検定略語検定学割制度総合社員研修プログラム接客サービスマナー検定接客サービスマナー・ベーシックマニュアル知って得する四字熟語接客サービスマナー検定・過去問題集6接客サービスマナー検定過去問題集・模範解答と解説接客サービスマナー検定・過去問題集2・6
マナー講師養成講座マナー講師養成講座 in 東京マナー講師養成講座 in 大阪マナー講師養成講座 in 名古屋マナー講師養成講座 in 福岡
ホテル宿泊の達人によるホテルコンサルティング研修就職に有利な資格

サイトマップ

ビジネスマナー

オフィスのルール

クレーム電話応対

ビジネスの基本

ビジネス文書

メールビジネス文書

敬語の使い方

訪問・来客時のマナー

電話応対

接客マナー

クレーム応対

接客の基本

慶弔のマナー

お悔やみ事のマナー

お祝い事のマナー

お通夜・告別式のマナー

慶弔マナーの基本

結婚式のマナー

テーブルマナー

中国料理のマナー

日本料理のマナー

西欧料理のマナー

食事のマナー

手紙のマナー

手紙の書き方

挨拶状のマナー

時候の挨拶 

贈答のマナー

お祝いごとのマナー

お見舞い

内祝い

表書きの書き方

訪問のマナー

事前の準備

訪問当日のマナー

超現代マナー

ビジネス

一般マナー

世界各国のマナー

アジア

オセアニア

ヨーロッパ

ロシア・CIS

北米