ビジネスマナー

ホーム > マナー辞典 > ビジネスマナー > 敬語の使い方 > クッション言葉の使い方

クッション言葉の使い方

クッション言葉とは、人に何かをお願いしたり、お断りするときに本題の前に添えて、印象を和らげる働きがあります。
「恐れ入りますが」 「申し訳ございませんが」 「もしよろしければ」 「失礼ですが」 「差し支えなければ」 「お忙しいところ恐縮ですが」 「お手数ですが」
 
使い方の例を見てみましょう。
 
恐れ入りますが、○○ビルはどちらでしょうか?
申し訳ございませんが、あいにく○○便は満席でございます。
もしよろしければ、ご一緒させていただきます。
失礼ですが、○○様でいらっしゃいますか?
差し支えなければ、ご連絡先を教えていただけますか?
お忙しいところ恐縮ですが、○○をしていただけますか?
お手数ですが、もう一度送りなおしていただけますか?
NPO法人 日本サービスマナー協会資料請求・お問い合わせお申し込みお電話でのお問い合わせは…大阪:06-6809-4141 東京:03-6278-7051

サイトマップ
 

ビジネスマナー

オフィスのルール

クレーム電話応対

ビジネスの基本

ビジネス文書

メールビジネス文書

敬語の使い方

訪問・来客時のマナー

電話応対

接客マナー

クレーム応対

接客の基本

慶弔のマナー

お悔やみ事のマナー

お祝い事のマナー

お通夜・告別式のマナー

慶弔マナーの基本

結婚式のマナー

テーブルマナー

中国料理のマナー

日本料理のマナー

西欧料理のマナー

食事のマナー

手紙のマナー

手紙の書き方

挨拶状のマナー

時候の挨拶 

贈答のマナー

お祝いごとのマナー

お見舞い

内祝い

表書きの書き方

訪問のマナー

事前の準備

訪問当日のマナー

超現代マナー

ビジネス

一般マナー

世界各国のマナー

北米